前橋市フォークリフトブランコ事故死

作山由奈父親会社「キッチン設備のシングル社長」フォークリフトブランコ事故

前橋市フォークリフトブランコ事故死

群馬県前橋市・堀越町の自宅兼会社で、フォークリフトに吊るしたベルトをブランコにして父親と遊んでいた作山由奈ちゃん(さくやまゆな)の頭部にパレットが直撃。作山由奈ちゃんは病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。

一緒にいた父親はキッチン設備会社の社長で、自らフォークリフト運転していた事が分かりました。事故当時、他の兄弟も一緒に遊んでいた事も分かっています。

Mirror事故衝撃動画「顔がぺしゃんこ」被害者ダンサーのその後が悲惨!

作山由奈父親は「株式会社ツートップ」を経営

事故が発生した現場は、自宅兼会社のある群馬県前橋市堀越町です。

「自宅兼会社」という報道より亡くなった作山由奈ちゃんの父親は会社を経営する「社長」という事が判明しました。自宅の様子から敷地が広く、ネットの情報では水上バイクもあったとされており、裕福な家庭であった事が伺えます。

なくなった作山由奈ちゃんの名前から調査すると、堀越町に同じ苗字の会社が存在している事が分かりました(報道では会社の情報は公表されていないためモザイク加工しています。)

作山由奈ちゃんの父親と思われる人物の名前や会社の名前などが掲載されています。作山由奈ちゃんの父親はキッチン設備の会社を経営されていました。

更に調査を進めると現在は、他の仲間と一緒に会社を共同経営されている事も分かりました。

追記:作山由奈父親は「子供大好き優しい人」

HP内には父親(42)と思われる人物の写真も掲載されていました。髪の色は茶髪の短髪、どこにでもいる極普通の父親です。笑顔の顔には目元に皺がたくさんできるほど、優しそうな頼りになりそうな「父親」を感じます。

【追記】

作山さんですな。
いつも仕事でお世話になってます。
人柄は良い人ですよ。
ただ反社の集まりに参加するのでいつも少し緊張しますが。
ネット上では、作山由奈ちゃんの父親に関する情報もありました。見た目の印象と同じく、優しい方だったのですね。

家族、仲がよくて。外で遊んでる姿が微笑ましかった。
〈近隣住人の証言〉

敷地内でバーベキューしたり、お父さんの面倒見は良かった。
〈近隣住人の証言〉

地域住人の証言からも、作山由奈ちゃんの父親は面倒見がよい良き父親でした。

作山由奈父親は「浮気で離婚のシングル家庭」

作山由奈ちゃんの父親については、こんな情報もありました。

奥さんいませんよ。
浮気で離婚しているので。

とりあえずそっとしてあげるべきです。
作山さんはこの件で酷く落ち込んでいます。通報した作山さんの母親ですが、同僚から聞いた話しですがどうやら気が
触れたそうです。
作山由奈ちゃんの父親は「浮気」が原因で離婚されていました。子供達を男手ひとつで育てる父子家庭という事です。このような事情もあり、子供達とは全力で遊んでいたのかもしれません。
もし、作山由奈ちゃんのお母さんがいたら、こんな危険な遊びをを止めに入ってくれていたかもしれません。

父親がフォークリフトを「自ら運転」危険予測は”できなかった”

報道から、作山由奈ちゃんの父親は自らフォークリフトを運転し、子供達と遊んでいました。フォークリフトをブランコのようにして遊んだ事は今回が初めてだったという。

父親はブランコのようにして遊ぶのは今回が初めてと話しているという。遊び始めたのは事故が起きる約10分前からで、父親は事故当時フォークリフトに乗車していた。

普段は、設備会社でフォークリフトを使用しています。作山由奈ちゃんの父親はフォークリフトを自ら運転しているので、フォークリフトに対する取り扱いは十分理解できていたと推察できます。

コロナ渦でなかなか思いっきり子供達を遊ばせる事ができない、シングルファザーで仕事が忙しく休日は全力で遊ばせたいなど、親心がそうさせたのか。やってはいけない事をして娘の命を奪ってしまいます。

事故当時、作山由奈ちゃんの父親は、フォークリフトにパレットを乗せ、3メートルの高さまで持ち上げ、ベルトを吊るして由奈ちゃんとブランコ代わりにして遊んでいました。

しかし、パレットがずれ高さ3メートルから、由奈ちゃんの頭に直撃してしまいます。由奈ちゃんの頭に直撃したパレットは木と鉄でできており、重さは100~150キロほどとされています。

まだ体が未発達な小学3年生の頭に直撃したらひとたまりもありません。豆腐に鉄球が落ちてくるようなものです。

亡くなった作山由奈ちゃんは、27日で夏休みが終わり、28日は始業式でした。友人にも会い、29日からは元気いっぱいで学校に登校する予定でした。

フォークリフトに関する死亡事故は過去にも発生していました。

フォークリフトの事故は意外と多い「過去の死亡事故例」

フォークリフトの事故は年間で2000件に及ぶほど、年々件数は増えています。

子供が亡くなるケースでいうと、2021年1月4日、滋賀県守山市荒見町の中古車販売会社の駐車場でフォークリフトに10歳と6歳の子供がひかれて6歳の子が亡くなっています。

119番通報したのは子供の父親で、荷物をのせるツメの部分に子供をのせてフォークリフトを運転していたところ、2人が落下し誤ってひいてしまったという。

4日午後3時15分ごろ、滋賀県守山市荒見町の中古車販売会社の駐車場で、「フォークリフトに巻き込まれて子どもの意識が無い」と父親から119番通報があった。

守山署と湖南広域消防局によると、フォークリフトに6歳と10歳の姉妹がひかれ、妹は搬送先の病院で死亡が確認された。姉は意識はあるという。

出典:朝日新聞

2018年には兵庫県佐用町福澤の自動車修理会社で父親が運転するフォークリフトに5歳の男児がひかれて死亡しています。

自動車修理会社の敷地内で、4男がフォーク部分に飛び乗ったにも関わらず、父親は運転を続け4男が転落した際にひいてしまったという。

事故当時は4男の兄も一緒におり、日常的に4男はフォークリフトに飛び乗っていた事が判明しています。

兵庫県佐用町福澤の自動車修理会社で、5歳の男児が父親(43)運転のフォークリフトにひかれた。男児は病院に搬送されたが間もなく死亡し、兵庫県警佐用署は4日、重過失致死の疑いで父親を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は3日午後6時5分ごろ、経営する自動車修理会社の作業場でフォークリフトを運転中、フォーク部分(長さ約1・1メートル)に四男(5)が飛び乗ったのに運転を続け、転落した四男をひいて死亡させたとしている。

 同署によると、フォークリフトは時速5キロほどで走行。リフト部分に荷物は積まれていなかった。当時、敷地内には男児の兄(12)もいた。男児は過去にも複数回、飛び乗って遊んでいたことがあったという。

Mirror事故衝撃動画「顔がぺしゃんこ」被害者ダンサーのその後が悲惨!

KeyWord

コメント

タイトルとURLをコピーしました