話題

逸ノ城暴力の原因は「アルコール依存症」外国人力士は辛いよ

話題

逸ノ城力士がおかみさんに暴力を奮った事が文春に報じられました。逸ノ城がおかみさんに暴力を奮った理由は「お酒」が原因といわれています。普段は温厚な逸ノ城ですが、暴力の原因が「お酒」だった事からある疑惑が囁かれています。

逸ノ城に暴力行為発覚「おかみさんを殴打」文春砲

文春によると普段は「まじめ」といわれる逸ノ城ですが、態度が豹変していったのは1年前からといわれています。

「湊部屋に住んでいた逸ノ城が門限を破り、夜に抜け出して飲み歩いていたことが発覚したんです。同胞の友人らとモンゴルパブに繰り出していたようでした」

(出典:週刊文春)

逸ノ城は夜中に湊部屋を抜け出して飲酒するようになったのは以下の理由が挙げられています。
  • 一人暮らしができないストレスを訴えていた
  • コロナ渦で自由に外出できなかった
  • 失恋

以上の事が重なり「お酒」に頼るようになった逸ノ城のウラの顔は「酒乱」でした。

湊部屋にとどめて居た理由としては「酒癖の悪さ」が指摘されています。逸ノ城の酒癖の悪さは親方を含め、周知の事実だったようです。

酒乱なんです。部屋のある地元の川口市では、おかみが一緒に外へ飲みに行って逸ノ城に息抜きをさせていたんですが、酔っ払うと客や店員に絡むこともしばしば

おかみが泥酔した逸ノ城に殴打されたり、突き飛ばされたりして、痣を作っていることも珍しくありませんでした

(出典:週刊文春)

一般人やおかみさんに手をあげるなんて言語道断です。
逸ノ城は親方に怒られお灸をすえられながらも禁酒を宣言、去年の12月に入り1人暮らしを許可されたところでした。
しかし、今年の2月に入り深酒してしまった事が原因で稽古をサボります。「お酒」が原因で稽古をサボる事は、力士としてあるまじき行為でもあります。
大関取りを期待された力士だったと思いますが、ある時期から力が出せなくなった。

飲みだすと止まらないタイプなんでしょうが、力士が飲み過ぎて稽古を休むなんてやはり許されるものではない。酒に溺れて大関を逃してしまったかんじですね。

取り口を見てると良い時と悪い時の落差が大き過ぎるのは、稽古不足なんだと感じます。
取り口とは

相撲をとる手口、取り組む様子のことをいいます
逸ノ城のファンからでしょうか。ヤフコメでは酒乱が相撲に影響していた事を指摘する、逸ノ城に対する厳しい意見も散見されます。
今回の、逸ノ城の飲酒による暴力行為は、文春に報じられる前からとある関係者によって暴露されていました。
こちらの動画は元関脇・貴闘力のYouTubeちゃんねるです。約1ヶ月前に上げられたこちらの動画、5:40辺りから貴闘力は逸ノ城の暴力行為について暴露しています。
この暴露を元に文春がウラ取りをして、今回の逸ノ城の暴力行為を報じたのでしょう。

逸ノ城酒癖の悪さは「アルコール依存症」からきてる

貴闘力さんが上げた逸ノ城の暴露に対するコメント欄は、兎に角「驚き」の声が圧倒的に多いです。

  • いやー、びっくり。本当であるなら、即刻注意と金輪際この暴力的行為はやめさせるべき
  • 逸ノ城は何回も見ていますが、威圧感を感じさせない、体の大きい優しい人だと思っていたので驚きです
  • 逸ノ城っておとなしいイメージがあったんだけど酒って人が変わるから怖い
  • 逸ノ城がまさかそんなに狂暴だったとわね
  • 酒癖悪いのは・・今はいけないよ

(出典:貴闘力のyoutubeちゃんねるコメント欄より)

逸ノ城に対する世間の印象は、「真面目」「優しい」「温厚」など、とても飲酒で暴力を奮う人間には見えないという意見が散見されます。

逸ノ城は「お酒」が入ると豹変するタイプなのでしょう。

逸ノ城はモンゴル出身の力士ですが、モンゴル出身の力士は酒に強く酒豪が多いです。そのため「酒」にまつわる不祥事もたくさんあります。

  • 泥酔した朝青龍が知人男性に暴行を働き、鼻の骨を折る
  • 泥酔とまではいいませんが、日馬富士のビール瓶による暴行

酒癖の悪さから逸ノ城は決定的な事件を起こします。

今年の8月、泥酔した逸ノ城は相撲協会が配信している公式のYouTube番組の収録をドタキャンしてしまいます。

相撲協会を敵に回してしまっては、湊親方の立場がありません。

依存症とは

大切な人や物事を犠牲にしてまで飲んでしまう状態です。明日大事な仕事があるのに遅くまで飲んでしまい仕事に失敗する、家事や育児があるのにそれをしないで昼から飲酒してしまう、糖尿病や肝臓の病気になっているのに酒がやめられない、こういった感じです。依存症は単にその人の体質や性格の問題だけでなく、置かれている環境の問題なども絡みながら起こります。
(出典:meden)
稽古に支障がでたり、相撲協会が配信する番組収録をドタキャンする行為は自分をコントロールできない「アルコール依存症」としか考えられません。

これはアルコール依存症ではないでしょうか。

そうだとすれば治療が必要で、本場所に出るというのは、ちょっと考えられない事態だと思います。

依存症だと仮定してですが、治療を最優先すべきだと思います。

逸ノ城がアルコール依存症になった理由「プレッシャー」

逸ノ城がお酒に溺れるようになったのは1年前からで、理由は以下の事が上げられています。

  • 1人暮らしがしたかった
  • 失恋した
  • コロナ渦

ですが、これだけが理由ではなかったのではないでしょうか。

強ければ良いんだとのモンゴル力士には日本のしきたりを理解するのは無理なのかな。

飲酒暴力事件は朝青龍から始まり白鵬も記録は有るけど横綱としての相撲は最後まで取れなかったし相撲界の+αは理解出来ないんだろうか。

同じ外国人力士でもハワイの高見山、小錦、曙、武蔵丸は理解してた様に思う。

初めての外国人関取で苦労した高見山の功績も有ったんだろうね。

こぞって外国から力士をスカウトしてきたのは、有望力士を育て出世させ部屋の力を上げるためだったのでは。

逆に外国出身力士をコントロールできずに、問題を起こし、結局部屋を下げることになってしまっている。

無理やり日本の古風な文化に縛りつけるのに限界かと思いますから、相撲文化の下で地道に育ってきた日本出身力士だけでいいのでは?

角界全体の相撲のレベルは下がるかもしれませんが、もう少し純粋に相撲が見たいです。

どちらが悪い、という話しは双方の言い分が分からないので置いておくが、モンゴルの遊牧生活と力士の相撲部屋での生活は余りにも文化が違い過ぎて軋轢を生じさせている面もあるのではないかと思わされる。

このような軋轢は、モンゴル人力士にとっても相撲界にとっても不幸な状況ではないだろうか。

そこまで無理をして外国人を連れて来てまで現在の規模の興行を続ける意味があるのだろうかとふと思う。

逸ノ城もこの閉鎖的な相撲界に、別のストレスを感じているのかもしれませんね。
\ シェアする /
\ 悠子をフォローする /
Key Word

コメント

タイトルとURLをコピーしました