稲沢市自転車突っ込み死亡事故

石田秀彰の逮捕はデマ「体当たりで転倒」愛知県警捏造疑惑(稲沢市)

稲沢市自転車突っ込み死亡事故

愛知県稲沢市小池の路上で職務質問をしようとした警官に自転車で突っ込み、容疑者が外傷性くも膜下出血と頭蓋骨骨折で死亡した事件。

逮捕されたのは稲沢市桜木宮前町、会社員の石田秀彰(いしだ ひであき)容疑者(56)でした。自転車で警官に突っ込み容疑者が死亡する、なんとも後味の悪い事件です。ネット上では「捏造」などと騒がれていました。

愛知県稲沢市で発生した、自転車突っ込み死亡事故の真相はどうだったのでしょうか。

【今、読まれている記事】
吉川団地殺人事件の被害者「桑沢優子の顔画像」

死亡したのは会社役員「石田秀彰」容疑者【稲沢市自転車突っ込み死亡事故】

ishikawahideakinotaihohanetsuzou

出典:CBCテレビ

愛知県稲沢市小池の路上で、職務質問された際に自転車で警官に突っ込み転倒、頭を強く打ち、外傷性くも膜下出血と頭蓋骨骨折で死亡したのは石田秀彰容疑者でした。

ishidahideakinotaihohausuo

出典:facebook

石田秀彰容疑者の顔はfacebookより特定されています。石田秀彰容疑者の顔は眼鏡をかけた、真面目でエリート風のような印象です。

・名前:石田秀彰(いしだ ひであき)
・年齢:50歳
・出身地:北海道
・住所:愛知県稲沢市
・結婚歴:有
・職業:会社役員

facebookの情報より、石田秀彰容疑者は1998年に結婚既婚者であった事も分かりました。報道より、石田あきひで容疑者の職業は会社役員とありましたが、広告関連の会社を設立し代表取締役を務めている人物でした。

制止したのは23歳男性の警官【稲沢市自転車突っ込み死亡事故】

石田秀彰容疑者を制止しようとしたのは、稲沢警察署に勤務している23歳の巡査でした。

ishidahideakinotaihohadema

5月7日の午後11時50分頃、稲沢市小池をパトロール中に石田秀彰容疑者が乗っていた自転車に不審な点を発見、そのため警官は石田秀彰容疑者に職務質問をしようとしました。

警察によりますと、7日午後11時50分ごろ、稲沢市小池でパトロール中の警察官が男が乗っている自転車に不審な点を確認し、男に職務質問をしようとしました。

引用元:CHUKYO TV NEWS

しかし、石田秀彰容疑者は逃走を図ったため、警官は両手を広げて止まるように促すと、石田秀彰容疑者は自転車に乗ったまま警官と衝突しました。公務執行妨害で、石田秀彰容疑者は警官にその場で逮捕されました。

石田ひであき容疑者は自転車に乗ったまま警官に衝突した際に、転倒し頭部を強打。石田秀彰容疑者はその場で逮捕されましたが反応がなかったため、釈放し病院に搬送されたという事です。

会社役員は公務執行妨害の疑いでその場で逮捕されましたが、あおむけのまま、呼びかけに反応しなかったため、釈放され、病院で手当てを受けました。しかし、頭の骨を折っていてその後死亡しました。

引用元:NHK NEWS WEB

どの時点で、石田秀彰容疑者が病院に搬送されたのか気がかりでしたが、逮捕された時点で既に意識がなかったのですね。

石川秀彰逮捕はデマ「愛知県警に捏造疑惑」真相は

稲沢市自転車突っ込み死亡事故を受け、ネット上では「捏造疑惑」が持ち上がりました。

後ろから走って追いかけて首に手を掛けて引っ張り倒して後頭部地面に叩きつけたんじゃね?

>男の正面に立ち両手を広げて停止を求めたところ、男はそのまま自転車で男性警察官に突っ込んで仰向けに倒れ

これ男性警察官(23)がそう言ってるだけだよね
沖縄の警棒で目をつぶしたけんもあったけど
実際のところこの男性警察官(23)がチャリの男性を押し倒して頭蓋骨の骨折させて意識不明の重体にさせてる可能性もわけで

普通わざわざ警官に突っ込んでいかないし
衝突したとしても警察官の身体に頭をぶつける程度ですむと思うんだけど
確かに、警官と自転車ごと突っ込んだ際、かなりの勢いがなければ頭部外傷や頭蓋骨骨折ほどの重度のケガを負う事は考えにくいです。転倒した際の打ちどころが悪かったのか。事故が発生した時間帯は深夜零時近くの11時50分頃です。
事故が発生した現場付近はの昼間の写真ですが、みたところ街頭も無さそうなので、夜間帯は相当暗いと見受けられます。地域住人の証言もない事から、遅い時間帯だったという事もあり目撃者の証言はありませんでした。
isikawahideakinotaihohausoppachi
石川秀彰容疑者については、前述している顔画像から真面目でとても警察に歯向かうようなタイプの人間には見えません。石川ひであき容疑者を知る周囲からはこんな声も聞かれています。

普段、物静かで、腰の低い人。
警察に反抗するようなタイプではなかった。

〈知人関係者の証言より〉

挨拶もきちんとしてくれるし、感じは悪くなかった。

真面目な人だったから、逃げるとか考えられない。

〈知人関係者の証言より〉

ネット上の意見にあるように、あくまで報道にある内容は対応した警官の証言になります。周囲からの評判は良く、真面目そうに見える人物が「逃げる」行為をするでしょうか。

23歳の警官とあれば、パワーも十分あります。「体当たり」をして転ばせた可能性も否めません。愛知県警には余罪もありますからね。

突っ込まれた警官にはケガはありませんでした。稲沢警察署ではこの事故を受け、「現時点では、適切な行為であった」とコメントしています。
「亡くなられた方のご冥福をお祈りします。現時点では、適正な職務執行だったと判断しています」
引用元:NHK NEWS WEB

愛知県警にあった過去の「捏造」とは

2020年6月、愛知県名古屋市内で発生した、覚せい剤所持の容疑で容疑者が逮捕された事件。この事件では、のちの裁判で愛知県警の警官による証拠捏造の可能性を指摘されています。

昨年6月に名古屋市内の当時の自宅で覚醒剤を持っていたなどとして、住所不定、無職吉田英樹被告(57)に懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役3年)が言い渡された。

判決などによると、県警が昨年6月に被告宅を捜索した際には見つからなかった液体入りの注射器が、翌7月の再捜索で発見したとされていたが、吉田被告は6月の捜索の際に逮捕され、部屋は施錠された上、鍵は留置施設で保管されていた。

注射器は目につきやすい床の上に置かれており、捜索にあたった警察官は証人尋問で、「ここに落ちていたら(6月に)気付くはず」と述べ、注射器という証拠が捏造された可能性があると証言していた。

また、捜査報告書では「この注射器に覚醒剤水溶液を入れた」と被告が認めたとされたが、注射器から覚醒剤成分は検出されなかった。報告書を作った別の警察官は、証人として出廷する直前に自殺した。

これらを踏まえ、辛島裁判長は判決で「捜査機関以外の第三者が置いていった状況も想定しがたい」と述べた。ただ、被告が任意で尿を提出し、覚醒剤の使用が判明した過程などに違法な捜査はなかったとして有罪判決を言い渡した。

引用元:読売新聞

  • 2021年6月、覚せい剤所持の疑いで逮捕された男性
  • 6月の捜査で発見されなかった、液体入りの注射器が7月の再捜査で発見されたとしていた
  • しかし、容疑者は6月時点で逮捕されており、鍵は施設で保管されていた
  • 証人尋問で、捜索にあったった警官は「注射器が見つかればすぐ気づく」と証拠が捏造された可能性を証言
  • 資料を作成した警官は、証人として出廷する直前に自殺を図っている

この事件の愛知県警の「捏造」をみると、今回の石田秀彰容疑者がなくなった事故の件も怪しいですよね。

稲沢市自転車突っ込み死亡事故【概要】

警察によりますと、7日夜遅く、稲沢市内で稲沢警察署の23歳の巡査が自転車に乗った市内の56歳の会社役員に職務質問をしようとしたところ会社役員が逃走したということです。

その後、巡査は、稲沢市小池で自転車に乗った会社役員を見つけ両手を広げて止まるよう求めましたが、自転車はそのまま巡査に衝突し、会社役員が路上に転倒したということです。

会社役員は公務執行妨害の疑いでその場で逮捕されましたが、あおむけのまま、呼びかけに反応しなかったため、釈放され、病院で手当てを受けました。しかし、頭の骨を折っていてその後死亡しました。

巡査にけがはありませんででした。稲沢警察署の西崎恭尚副署長は「亡くなられた方のご冥福をお祈りします。現時点では、適正な職務執行だったと判断しています」とコメントしています。

引用元:NHK NEWS WEB

  • 2022年5月7日の未明に発生した事故
  • 現場となったのは愛知県稲沢市小池の住宅地の路上
  • 石川秀彰容疑者の乗っていた自転車に不審な点を発見、警官が職務質問をしようとしたが、石田秀彰容疑者は逃走
  • 警官は追跡、両手を広げ制止しようとしたところ、石田秀彰容疑者は自転車ごと突っ込み転倒
  • 逮捕した時点で石田秀彰容疑者の意識はなく、救急搬送される
  • 石田秀彰容疑者は、外傷性くも膜下出血と頭蓋骨骨折で死亡が確認される

コメント

  1. 愛知県警 稲沢署内では逮捕後2年間で2人死亡している

タイトルとURLをコピーしました