埼玉県朝霞市放火殺人事件

長葭良のfacebook顔画像が判明「趣味はバイクいじりとお酒」朝霞市放火殺人

nagayoshiryonokaogazou埼玉県朝霞市放火殺人事件

埼玉県朝霞市で発生した放火殺人事件。焼死体で発見されたのは、長葭内装(ながよし)の社長であったながよし良さん(43)でした。

ながよしりょうさんの顔写真と実名が明らかになったので、Facebookを調査していきます。

【関連記事】

長葭内装社長を殺害した犯人は「東南アジア人説」埼玉県朝霞市放火殺人

長葭内装社長「生きたまま火を付けられる」埼玉県朝霞市放火殺人

長葭良の顔「甘党の優しそうなおじさん」

報道で明らかにされているながよし良さんの顔写真からみていきます。

saitamakenasakashihoukasatujinjikenhigaisha

出典:TBS

長葭良さんの休日の様子の顔画像だったのでしょうか。笑顔でクレープを手にしている顔写真になります。甘党だったのでしょうね。どことなく気さくで優しそうな一面が垣間見える画像です。

報道で明らかにされている、ながよしりょうさんの顔画像は現在1枚しかないようなので、別の画像が明らかになった場合は追加掲載させて頂きます。

【長葭良さんの分かっている情報】
・名前:長葭良(ながよし りょう)
・年齢:43歳
・結婚歴:有
・職業:長葭内装経営
・趣味:バイク

ながよし良のfacebookを調査

続いて、ながよし良さんのフェイスブックについて調査してみました。漢字で「長葭良」と検索窓に入力すると、同姓同名の該当する人物が1件出てきました。

該当したfacebookには、本人の顔写真も掲載されています。報道で既にでている、ながよし良さんの顔画像と似ているので、ほぼ本人のフェイスブックとみて間違いないでしょう。

長葭良さんは「ながよし内装」の社長である事が分かっていますが、該当するfacebookの情報には職歴の情報は掲載されていませんでした。

nagayoshiryonokao

新たにfacebookから分かった情報としては、長葭良さんは2002年に結婚した既婚者であり、3人のお子さんがいた事も判明しました。

nagayoshiryonokaogazou

そして、ながよし良さんの趣味はバイクいじりだったのでしょうか。Facebookに掲載されている画像の多くはほぼバイク関連の写真でした。

nagayoshiryonokaoshashin

ながよし良のfacebook顔画像「趣味はバイクいじりとお酒」

最後に、長葭良さんのFacebook顔画像を調査します。

ながよし良さんのフェイスブックのトップ画の顔は本人ではありませんでした。子供には優しき父親だったのでしょうか、画像は長葭良さんの子供達が掲載されていました。

facebookの背景の写真には、前述していますがながよし良さんの趣味であったと思われるバイクが掲載されています。

nagayoshiryonokao

更に、調査を進めるとトップや背景の画像ではありませんでしたが、居酒屋でお酒を嗜んでいるながよし良さんの顔画像が掲載されていました。

nagayoshiryonokaogazou

長葭良さんは、バイクだけではなくお酒も趣味だったのでしょうね。お酒の影響で、ながよし良さんの顔が赤くなっている様子が分かります。

ながよし内装社長の長葭良は「恨まれるような人ではない」

「ながよし内装」の社長であった長葭良さんは、1人で会社を経営しており、仲間内での仕事を手伝う事もあっそうです。

調査した長葭良さんのfacebookからは、バイクとお酒が趣味で、家族を大切にしている良き父親であった事が伺えます。仕事仲間とみられる人物の動画も掲載されており、仕事関係者からも慕われていたと推測できます。

仕事仲間と和気あいあいと作業しているのを見かけていた

〈近隣住人の証言より〉

社長を信頼してる。だから仕事も依頼していた。

〈仕事関係者の証言より〉

誰かとトラブっているという話は一切聞いた事がない
〈仕事関係者の証言より〉

長葭良さんについては、関係者より仕事仲間とのトラブルは一切聞いた事がなかったという。しかし、長葭良さんは暴行を受け、身動き取れない間にプレハブ小屋に火を放たれ、逃げられないよう入口を施錠されている事から、犯人に相当な「恨み」をかわれているとも推測できます。

もしくは、対象は誰でも良かった無差別殺人の可能性も否めません。ながよし良さんの仕事について新たに情報が分かった場合は、追記更新させて頂きます。

埼玉県朝霞市ながよし内装社長火殺人事件【概要】

埼玉県朝霞市上内間木の内装会社、「長葭(ながよし)内装」で14日に事務所兼作業場が全焼して焼け跡から男性1人の遺体が見つかった火災で、県警は16日、現場の出火状況などから放火殺人事件と断定し、朝霞署に80人態勢の捜査本部を設置した。

遺体は連絡の取れていない同社の社長男性(43)とみて、身元の特定を急ぐとともに、殺害された経緯を調べる。

引用元:埼玉新聞

  • 14日早朝、埼玉県朝霞市で発生した放火殺人事件
  • 事件現場のプレハブ小屋から40代男性の焼死体が発見される
  • 焼死体は流し台の付近で見つかっている
  • 男性の気道にすすが付着していた事、普段火元のない場所からの出火であった事から、「放火殺人」として捜査
  • 長葭内装の社長と連絡が取れない事から、焼死体は「長葭内装の社長」とみて身元の確認を急いでいる
  • プレハブ小屋の出入り口は、当時「施錠」されており、男性が生前に放火された可能性が高い
  • その後の捜査から長葭良さんの上半身には骨折が複数あった事も明らかになる
  • 長葭良さんは何者かに暴行後、プレハブ小屋の室内に火を付けられ、犯人は鍵を施錠し逃走したものとみている

【関連記事】

長葭内装社長を殺害した犯人は「東南アジア人説」埼玉県朝霞市放火殺人

長葭内装社長「生きたまま火を付けられる」埼玉県朝霞市放火殺人

コメント

タイトルとURLをコピーしました