芸能

オダギリジョーの年齢に驚愕!若い頃から変わらない?老けない理由についても

オダギリジョー 芸能

オダギリジョーさんは若い頃から「変わらない」といわれています。実際、オダギリジョーさんの実年齢を知って驚かれる方も多いはずです。

連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」に出演以降、オダギリジョーさんは再注目されています。そこで、オダギリジョーさんの実年齢・若い頃から現在までの画像・老けない理由について調査しました。

オダギリジョーの実年齢に驚愕!

現在、オダギリジョーさんは連続テレビ小説『カムカムエブリバディ』に出演中です。個性派俳優として知られるオダギリジョーさんですが、朝ドラに初出演以降、幅広い世代に受け入れられ再注目を集めています。ドラマでは大月錠一郎役を熱演していますが、実年齢よりも若い役を違和感なく演じています。

オダギリジョー

引用 iza

オダギリジョー

引用 chunichi

オダギリジョーさん演じる、大月錠一郎は年齢設定が30歳前後といわれています。オダギリジョーさんの実年齢は45歳になります。大月錠一郎とは10歳以上の年齢差がある事になりますね。実年齢より若い役柄を演じるのには苦悩がありそうですが、そこは流石、オダギリジョーさんといったところです。

視聴者からは年齢不詳との意見もありますが(笑)
見た目や体型の老いもそうですが、視聴者に違和感を感じさせずに演じられるオダギリジョーさんは凄すぎますね。

【画像・映画編】オダギリジョーは若い頃から変わらない?

オダギリジョーさんは若い頃から変わらないという世間の声も多いので画像で振り返っていきましょう。はじめに、オダギリジョーさんが出演していた映画の若い頃の画像から紹介していきます。

デビュー当時

1999年、舞台『DREAM OF PASSION』で俳優デビューしたオダギリジョーさん。初スクリーンデビューは1999年9月に公開された映画『金融腐蝕列島 呪縛』でした。この映画では記者役として出演しています。『仮面ライダークウガ』よりも前になるので、かなり貴重な画像です。

オダギリジョー記者役 金融腐蝕列島

引用 Twitter

左端に写っているのがオダギリジョーさんになります。

2000年代

2001年10月に公開された『プラトニックセックス』で岩崎敏海役で出演。

オダギリジョー プラトニックセックス

引用 Twitter

2003年、映画『アカアルイミライ』では初主演で日本映画プロフェッショナル大賞で主演男優賞を受賞します。

オダギリジョー

引用 Twitter

2004年は映画『血と骨』でビートたけしさんと共演。

この作品でオダギリジョーさんは同年の映画賞の助演男優賞を多数受賞する事になります。

オダギリジョー 血と骨

引用 Twitter

2005年には中国の人気女優だったチャンツィーとの共演や『メゾンドヒミコ』でゲイ役にも挑戦するなど活動の幅を広げます。

オダギリジョー

引用 Twitter

2006年7月に公開された映画『ゆれる』ではオダギリジョーさんの演技が高く評価されています。

オダギリジョー ゆれる

引用 Twitter

2007年は映画『パビリオン山椒魚』で共演した香椎由宇さんとの結婚を発表します。

オダギリジョー

引用 Twitter

2007年では人気アニメ『蟲師』の実写版に出演しています。

オダギリジョー 蟲師

引用 Twitter

同年に公開された映画『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』にも出演しています。

オダギリジョー 東京タワー

引用 Twitter

2010年代

2010年代からは若手俳優との共演も増えていったオダギリジョーさん。

2013年4月公開 『舟を編む』

オダギリジョー 舟を編む

引用 Twitter

2014年6月公開 『渇き』

オダギリジョー 渇き

引用 Twitter

2016年9月公開 『オーバーフェンス』

オダギリジョー オーバーフェンス

引用 Twitter

2016年10月公開 『湯を沸かすほどの熱い愛』

オダギリジョー 湯を沸かすほどの熱い愛

引用 Twitter

2017年11月公開 『南瓜とマヨネーズ』

オダギリジョー 南瓜とマヨネーズ

引用 Twitter

2017年10月公開 『緑色音楽』

オダギリジョー 緑色音楽

引用 Twitter

続いて、オダギリジョーさんのドラマに出演していた若い頃の画像についても振り返ります。

【画像・ドラマ編】オダギリジョーは若い頃から変わらない?

映画はもちろんですが、ドラマもかなりの数の作品に出演されていました。

デビュー当時

オダギリジョーさんは俳優の登竜門といわれている仮面ライダーシリーズ『仮面ライダークウガ』の主人公五代雄介役に抜擢されます。2000年~2001年まで出演されていました。仮面ライダークウガはオダギリジョーさんの代表作となっています。

オダギリジョー

引用 Twitter

2000年代

2002年7月~9月 『天体観測』

オダギリジョー 天体観測

引用 Twitter

2002年7月~9月 『サトラレ』

オダギリジョー サトラレ

引用 Twitter

2004年1月~12月 『新選組』

オダギリジョー 新選組

引用 Twitter

2005年1月~3月 『不機嫌なジーン』

オダギリジョー 不機嫌なジーン

引用 Twitter

2006年1月~3月 『時効警察』

オダギリジョー 時効警察

引用 Twitter

2009年4月~6月 『ぼくの妹』

オダギリジョー ぼくの妹

引用 Twitter

2010年代

2010年7月~9月 『熱海の捜査官』

オダギリジョー 熱海の捜査官

引用 Twitter

2012年4月~6月 『家族のうた』

オダギリジョー 家族のうた

引用 Twitter

2014年4月~6月 『アリスの棘』

オダギリジョー アリスの棘

引用 Twitter

2015年10月~12月 『おかしの家』

オダギリジョー おかしの家

引用 Twitter

2016年4月~6月

オダギリジョー 重版出来!

引用 Twitter

オダギリジョーさんの若い頃の画像を紹介してきましたが、変わらない姿には納得ですね。何よりイケメンでした。

オダギリジョーの老けない理由!

最後にオダギリジョーさんが老けない理由についても調べてみました。

オダギリジョーさんはインタビュー記事で、30歳以降は本当にやりたい事をやる事に専念してきたと語っています。

30歳を越えて、本当にやりたいと思えるものだけで勝負するべきだと思った。

引用 PINTSCOPE

2006年以降にオダギリジョーさんが出演してきた作品は自身がやりたいと感じ選んできたものという事になります。

楽しい事や面白い事を追及している人って年齢を重ねても見た目が若い人って多いですよね。

オダギリジョーさんも、自分が面白いと思ったものを追及してきたからこそずっと若くいられるのではないでしょうか?

それがオダギリジョーさんが老けない理由なのかもしれません。

オダギリジョーのプロフィール

オダギリジョーさんの情報は以下の通りです

オダギリジョー

引用 BAILA

・本名:小田切譲(おだぎり じょう)
・生年月日:1976年2月
・出身地:岡山県
・身長:176㎝
・血液型:O型
・活動期間:1999年~
・事務所:純牛倶楽部
オダギリジョー

引用 Twitter

オダギリジョーさんは岡山県津山市で学生時代を過ごします。

母子家庭で育ったオダギリジョーさんの幼少期はよく映画館に預けられていました。

この事がのちに映画監督を目指すきかっけとなります。

高校卒業後はカリフォルニア州立大学フレズノ校に留学。

演出コースを専攻するつもりが、なんとミスで演劇学を専攻するというエピソードがあります。

お笑い芸人の河本準一さんとは小学校の同級生です。

プライベートは2008年に女優の香椎由宇さんと結婚、3人の子供の父親でもあります。

今回はオダギリジョーさんの実年齢・若い頃の画像・老けない理由について紹介しました。

実年齢も驚きですが、ずっと変わらない姿にも驚きでしたね。

KeyWord
タイトルとURLをコピーしました