知床遊覧船沈没事故

鈴木智也の彼女の顔画像「色白和風美人」馴れ初めは一目惚れ

suzukitomoya-she-facepicture 知床遊覧船沈没事故

知床遊覧船事故の犠牲者の1人、北海道帯広市の鈴木智也(すずき ともや)さん(22)の葬儀が5月1日に執り行われました。

彼女と乗船していた鈴木智也さんは、知床遊覧船で彼女にプロポーズする予定でした。ゆっちに渡す事ができなかった手紙やネックレスが車の中から発見されています。

依然としてまだ見つかっていない、鈴木智也さんの彼女の顔画像と馴れ初めを調査しました。

【関連記事】

小池駿介はリオンドールの「跡取り」

父親の無念「息子の夢は私の夢」

豊田徳幸船長も「被害者」だった

鈴木智也の彼女の顔画像「色白の和風美人」【追記】

suzukitomoya-she-facepicture

出典:北海道HBC放送

suzukitomoya-she-facepicture

出典:HBC北海道放送

【追記】

suzukitomoya-she-facepicture

出典:Twitter

suzukitomoya-she-facepicture

出典:Twitter

報道から鈴木智也さんの彼女の顔画像が明らかとなりました。こちらの顔画像から、鈴木智也さんの彼女は身長が低く、体の一部のパーツから色白である事が分かります。髪型はセミロングヘアーの女性のようです。

顔画像はモザイクがかかっているため表情は分かりません。想像の範囲ですが、色白の和風美人なのではないでしょうか。

【鈴木智也さんの彼女に関する情報】
・名前:詳細不明
・呼び名:ゆっち
・出身地:音更町
・生年月日:2002年4月23日
・年齢:20歳
・特技:スポーツ

鈴木智也と彼女の馴れ初めは「一目惚れ」

鈴木智也さんが彼女に渡せなかった「手紙」の内容から、鈴木智也さんと彼女の馴れ初めについて紐解いていきます。

suzukitomoya-she

出典:KYODO

誕生日おめでとう

今日でゆっちと出会って308日が経ちました。最初は本当に顔が小さくて可愛いな~って
いい子だなって、それが今や彼女なんだよ!
凄くない?本当に運命感じたし、こんなに気が合う彼女って他に居ないよ。

喧嘩だって無いし。本当にハタチか?ってくらい大人だよ。ととをここまで支えてくれて、好きで居てくれてありがとう。そして、ずっとずっと大好きです。

周りにどう思われたって2人で乗り越えていくって決めたし、環境が変ってもゆっちは俺が守るってゆっちは俺が大切にするって誓ったから。

これからも一生一緒についてきてください。
生まれてきてありがとう。愛しています。
嫁になってくれますか?7月7日返事待ってます。

byとと 2022.4.23

鈴木智也さんが彼女に渡すはずだった手紙の内容が公開されました。鈴木智也さんと彼女は、約1年ほど前から交際を始めていました。
手紙の内容より、鈴木智也さんと彼女の馴れ初めは、「運命を感じた」という一文から、鈴木智也さんの「一目惚れ」だったのでしょう。鈴木智也さんより2個下の彼女は、年齢よりも大人びていて、喧嘩になるような事もありませんでした。

若者同士の結婚を周囲は不安視したのかもしれませんが、「彼女と一緒になりたい」という鈴木智也さんの強い気持ちが伝わります。鈴木智也さんの誕生日であった7月7日に、彼女の返事を聞く事はもう叶いません。

4月23日は鈴木智也の彼女の「誕生日」だった

鈴木智也さんと彼女が知床遊覧船に乗船した2022年4月23日は、彼女の「誕生日」でした。鈴木さんは彼女の誕生日にサプライズで知床旅行に行き、プロポーズをする計画を立てていました。

何もこれから予期できないことが起こるとは思ってない、普通の笑ったりしてた感じだよ。

引用元:HBC北海道放送

4月23日の事故当日、知床遊覧船カズワンの乗船客の手伝いをしていた関係者より、乗船客の様子が語られています。

若いカップルもいたよ。
双眼鏡の使い方がわからなかったみたいで教えたよ。
女の人は綺麗な人だったと思う。

〈知床遊覧船関係者より〉

鈴木智也さんと彼女は、知床遊覧船の観光をきっと楽しみにしていたでしょう。双眼鏡を手に取り、二人の楽しそうにしていたであろう姿が目に浮かびます。

彼女の誕生日に知床遊覧船でプロポーズをするつもりだった鈴木智也さん。そのために用意していた指輪は見つかっていません。

鈴木智也が彼女に渡す事ができなかった「手紙とネックレス」

鈴木智也さんの乗用車の中には、一緒に乗船しプロポーズをする予定だった交際中の女性に宛てた手紙が残されていたことを親族が明らかにしました。

引用元:北海道 NEWS WEB

suzukitomoya-she-facepicture

出典:北海道 NEWS WEB

鈴木智也さんは帯広市の建材メーカーに勤務、2022年1月からは転勤で帯広市から北見市に移動していました。鈴木智也さんと彼女は家具を買い揃えたりと、新しい生活に向けて準備をしていたところでした。

鈴木智也さんは今年1月に北見市に転勤となり、交際相手の女性と同居するために、家具などをそろえ始めていたということです。

引用元:HBC

4月23日の事故発生から5月2日現在、鈴木智也さんの彼女は未だに見つかっていません。1日でも早く見つかり、鈴木智也さん・ご家族の元に帰れることを切に願います。

追記:鈴木智也さんの彼女「ゆっちさん」遺体発見

 やっと2人が一緒になった――。北海道・知床半島沖で観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故で亡くなった乗客の女性(当時21歳)=北海道北見市=の葬儀が25日、帯広市内で営まれた。一緒に事故に巻き込まれた交際相手の鈴木智也さん(当時22歳)の父親、剛さん(51)も智也さんの遺影を手に参列した。智也さんは船上で女性にプロポーズしようとしていたとされる。剛さんは「天国でどうか幸せに暮らしてほしい」と、改めて2人の冥福を祈った。

国後島で発見された20代女性の遺体が9月9日、ロシアから日本側に引き渡されました。DND鑑定の結果、鈴木智也さんの彼女の「ゆっちさん」である事が判明し家族の元へ引き渡されました。

 DNA型鑑定で遺体が女性と正式に確認された後、剛さんは女性の親族と帯広市内で顔を合わせた。事故後初めて、直接対面して言葉を交わした。「喜ばせたい」という気持ちからとはいえ、息子が誘った旅行で女性は事故に巻き込まれた。剛さんはその場で「(無事に)連れて帰れず、申し訳ありませんでした」と頭を下げた。女性の祖父母は「頭を上げてください。いいんですよ」と優しく声をかけてくれたという。

剛さんが「智也も連れてきました」と遺影を見せると、女性の母親は「来てくれたんだね。ありがとう」と言いながら遺影を抱きしめた。ひつぎの中で眠る娘にも声を震わせながら「会いに来てくれたよ」と語りかけ、ほほえみながら泣いた。2人の「再会」に、剛さんもうれしさを感じると同時に、悲しみもこみ上げて泣き崩れた。

【関連記事】

小池駿介はリオンドールの「跡取り」

父親の無念「息子の夢は私の夢」

豊田徳幸船長も「被害者」だった

KeyWord

コメント

タイトルとURLをコピーしました